妊娠中は,青汁で葉酸摂取を

妊婦中は母体が摂取した食べ物が赤ちゃんの体を作る大切な栄養素となるので、
食事に気を使っている妊婦の方も多いかと思います。
医師からも取るように特に勧められるのが葉酸です。
葉酸はビタミンBの一種で、血を造るのに必要な栄養素なので貧血を防止に役立ちますし、
赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを下げる作用もあります。

神経管閉鎖障害とは中枢神経の元である神経管に起こる先天性異常です。
神経管の上部だとほぼ流産や死産となってしまう無脳症となり、
下部だと二分脊椎と呼ばれ下半身に麻痺や膀胱や直腸が機能しなくなることにより排泄障害を起こします。

神経管閉鎖障害にはいくつか原因がありますが、そのうちの一つが葉酸不足によるものです。
ですから、妊娠一か月前から葉酸を摂取することが推奨されています。

葉酸は葉物の野菜に多く含まれています。
体に貯蔵できる量が少ないため、毎日摂取することが大切です。
葉酸を手軽に補給できるサプリメントなどがありますが、
添加物などが含まれているため赤ちゃんのことを考えるとあまりおすすめできません。

また、原材料の生産地がどこかわからないのも不安です。
ただ、葉酸は水溶性のビタミンで調理の際に溶け出してしまうことが多く、料理からでは取りにくいのが現状です。

そこで役に立つのが青汁です。
火を通さず野菜そのものの栄養素がぎゅっとつまっていますし、
液体なので悪阻で固形物が食べられない妊婦さんにも比較的摂取しやすいのではないかと思います。
葉酸は貧血にも効果がありますので、妊娠中だけではなく授乳期間にも意識して摂ったほうがいいでしょう。

青汁は赤ちゃんにも必要な栄養素がつまっていますので、
離乳食として問題ないのですが、注意しなければならないことがいくつかあります。

市販されている青汁には飲みやすいようにはち.みつが配合されているものがありますが、
生後1年経っていなければ赤ちゃんにとって危険ですので避けてください。
また、ツイントースという成分が入っているものは3歳以下のお子さんが飲みますとお腹を壊すことがあります。

理想的なのは原材料が自分で選べる手作りの青汁です。
こちらの副作用の心配が無い栄養ドリンクについてのページもご覧ください。