青汁はコレステロール値を下げる

日本人の死亡原因の上位にある心筋梗塞や脳梗塞は、
血管につまったコレステロールによって引き起こされた動脈硬化が原因であることが多いです。
健康診断などでコレステロール値を気にされてる方も多いのではないでしょうか。
コレステロールには善玉のものと悪玉のものがあり、
動脈硬化などで健康を害するとよくいわれているのが悪玉コレステロールです。
名前から善玉コレステロールは体によく、悪玉コレステロールは悪いイメージがありますが、
どちらも体には必要不可欠なものです。

生体の細胞膜やホルモンの原材料となるコレステロールを体中に送る働きをしているのが悪玉コレステロールで、
余ったものを肝臓に持って帰るのが善玉コレステロールです。
また悪玉コレステロールは別名で低密度リポ蛋白群と呼ばれている密度の低いコレステロールで、
反対に密度が高い善玉コレステロールは高密度リポ蛋白群と呼ばれています。

悪玉コレステロールの働きそのものに害はなく、問題なのはその量です。
悪玉コレステロールが増えすぎると運ぶコレステロールの量が増えますが、
それを回収する善玉コレステロールの数が足りず、回収できなかったコレステロールは血液に残ります。

コレステロールは水にとけない性質のため、量が増えると血管を詰まらせる原因になります。
増えすぎた悪玉コレステロールは活性酵素という酵素で酸化されると体に不要なものと判断され、
それを取り除くためにマクロファージという白血球が悪玉コレステロールを食べていきます。

そしてマクロファージは泡沫細胞になり、血管壁にこびりつきます。
この泡沫細胞の量が増えすぎると血管がつまり、動脈硬化を引き起こします。

青汁には泡沫細胞を作る原因となる活性酵素の働きを抑える抗酸化成分が豊富にありますので、
コレステロールが気になる方にはおすすめです。

また、食物繊維には善玉コレステロールの数値を下げずに悪玉コレステロールだけを減らす、
不飽和脂肪酸が含まれていますが、これも青汁には多量に含まれています。
青汁と同じように、コレステロールの摂り過ぎにはセサミンもお試しください。
どちらも効果があると言われているので、自分に合った方を選んでみてください。