青汁の基礎知識

市販されている青汁には様々な種類の形状や原材料があります。
どれもそれぞれ利点がありますので、ご自分にあったものを選ぶのがよいでしょう。
形状は主に、粉末タイプと冷凍タイプ、フリーズドライ、サプリメントがあります。
その他にもhttp://www.geneburkhart.com/08.htmで紹介されているような
ラーメンなどに青汁が含まれている商品もあるようです。

よくCMや店頭でみかけるのは粉末のものが多いですね。
乾燥した青汁を粉末にしたもので、
小さく軽いため持ち運びがしやすく、他の青汁に比べて安いのも魅力です。
料理や飲み物に入れれば、
青汁が苦手なお子様も抵抗なく野菜の栄養をとることができるのでおすすめです。

冷凍のものは生の青汁をそのまま凍らせたものなので、酵素が生きており栄養価も高いです。
急いでいるときは水に晒すと早く解答します。
ただ、冷凍庫の場所を埋めてしまうのが少々難点です。

青汁を真空空間で乾燥させたものがフリーズドライです。
粉末の青汁に近いですが、高熱処理をしていないため青汁の栄養価が損なわれずに済みます。

サプリメントは少しの水で簡単に補給できるため、忙しいときにさっととれるのがありがたいですね。
ただ固形にするときに添加物などを使用しているので、確認して買われるのがいいでしょう。

原料にも様々な種類があります。
よく使われているのが青汁の三大原料と言われるケールと大麦若葉、明日葉です。
その中でも一番多くみかけるのは、http://www.printablegreetingcardsonline.com/kale.htmlでも紹介されているケールです。
ケールはビタミンやミネラルが豊富に含まれ栄養価が高く、通
年栽培ができるため安定して供給がされるため、青汁の原料としてよく使用されています。

青汁で連想される青臭い「まずさ」は主にこのケールの味です。
まずいもういっぱいで有名なケールの青汁です。
慣れない方には飲みにくいですが、
最近でははちみつや抹茶などを配合して飲みやすくしているものもありますので、
青汁の味に不安がある方はそちらがおすすめです。
飲むときにお好みのジュースなどで割って飲むのもいいですね。

ケールに次ぐ人気があるのは大麦若葉です。
栄養価はケールには若干劣りますが、
青臭さがあまりなく初めての方でも飲みやすいというのが特徴です。

最近増えてきたのが明日葉を使った青汁です。
昔から「不老長寿の野菜」と親しまれてきた明日葉は、
ケールよりも高い栄養価を持ち、注目されてきています。
こちらの明日葉を使った青汁についての解説も参考になると思いますので、是非ご覧ください。