青汁でがん予防

日本人の死因トップであるガンで、毎年30万人近くの人が亡くなっています。
癌は傷ついた遺伝子が変異を起こし、異常な細胞分裂を繰り返して増殖し、体を蝕んでいく病です。
癌細胞は正常な遺伝子が持つ寿命はなく、宿主が生きている限り増え続けていきます。
通常人の体の中では1日数千もの癌細胞が発生していますが、
白血球などの免疫細胞がこれを排除しています。

免疫細胞に支障をきたし、発生する癌細胞を駆逐できなくなることによって癌になります。
癌になる原因は遺伝などもありますが、主に食生活や喫煙などの環境要因がその割合を占めます。
そのため、癌が発生した患者のうち3割ほどは食事や生活習慣の改善で癌の予防ができると考えられています。

ナチュラルキラー細胞という言葉をテレビで聞いたことがあるかと思います。
単独で体の中をパトロールし、感染症や癌細胞などを見つけると、そのまま殺す免疫細胞です。
通常の免疫細胞は対象の情報を分析し攻撃指示がでてから攻撃を開始しますが、
このナチュラルキラー細胞は敵だと見なすと攻撃指示を受けなくともすぐさま攻撃します。

癌に侵食されているとなれば、たとえ自分の体の一部でも敵となります。
健康な時はこの細胞が正常に機能していますが、強いストレスを受けると活動が著しく低下してしまいます。
青汁の原料としてよく使用されるケールにはトリプトファンという精神を安定させる物質が含まれており、
ストレスに弱いナチュラルキラー細胞の働きを助けると考えられます。

細胞を傷つける要因の一つとして活性酸素があります。
高い攻撃性を持つため、体内に入って来たウイルスなどを排除する働きがある活性酸素ですが、
抗酸化物質が制御できないほどの量になると、その攻撃がウイルスではなく正常な細胞にまで向けられます。

体には不可欠だけれど細胞を傷つけてしまうこともある活性酸素を抑制する物質を抗酸化物質といいます。
抗酸化物質は野菜に多く含まれているため、コップ一杯で豊富な野菜の栄養素をとれる青汁はおすすめです。
いつも疲れているあなたへ。 疲労回復にはマカがおすすめです。