青汁でアンチエイジング効果

アンチエイジングという言葉をテレビや雑誌等で、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
加齢とともに訪れるシミやたるみなどの減少をエイジングといい、
それを防ぐための抗加齢療法がアンチエイジングです。

人の肌が老化するのは主に4つの原因があります。
光老化は太陽光に含まれる紫外線によりシワやたるみなどを引き起こします。
紫外線は浴びてすぐに反応がでるわけではなく、長年蓄積されてある日突然シミなどの形で肌に現れます。
現在シミやシワがないからと油断せず、若いうちから紫外線対策をするのが望ましいですね。

二つ目はフリーラジカルと呼ばれる細胞の酸化です。
活性酸素が肌細胞を酸化させることにより、肌の老化を招きます。
自転車のサビのように、酸化は私たちの体を錆びつかせる恐ろしい現象です。

肌だけではなく、内臓や血液など他の器官にも大変な影響を与えますので、
酸化はできるだけ避けたいものです。
加齢で保湿成分やコラーゲンなどが失われることによって起こる、
皮膚の乾燥や皮膚の菲薄化も肌に大きなダメージとなります。

アンチエイジングを取り入れるのならば、http://www.unwronged.com/2.htmlにもかいてありますが
是非青汁を飲む習慣をつけていただきたいです。
青汁に含まれる葉酸には抗酸化作用があるため肌の新陳代謝を活発にするため、
シミやシワの改善に効果があり、ビタミンCは肌をキメを細やかにします。

青汁の成分であるメラトニンというホルモンには細胞を老化させる活性酸素を抑える働きがあります。
メラトニンは睡眠ホルモンですので、美肌作りには欠かせない安眠にも大変有効です。

肌にいいといわれる成長ホルモンは22時から2時までの間に出ますので、
その時間帯に寝る習慣をつけますとさらに効果的ですね。

人が食物を消化する場合、体内の酵素を使って分解します。
この酵素は細胞の修復も担っているので、食べすぎると酵素は消化に使われるため、
修復が間に合わずに細胞は傷ついたままになりそれが老化に繋がります。

生の食物にもこの酵素が含まれています。
食べ物からこの酵素を取り込んで消化に使うことができれば、
体内の酵素は修復に使われるので細胞の若返りが期待できます。

青汁にはこの酵素がたっぷり含まれていますので、アンチエイジングに非常に効果があります。
なお、イソフラボンにもアンチエイジング効果が期待されます。
http://xn--eck7bvd2a5dzct376aa6329blb3c.com/makeup.html
こちらのhttp://xn--vckl3i8c.la/10.htmlで紹介されているセサミンという成分にもアンチエイジング効果が期待できるようです。